ダナボル(DANABOL)の特徴と飲み方

筋肉増強剤・アナボリックステロイドについて

ダナボル(DANABOL)の特徴と飲み方

ダナボル(DANABOL)の特徴と飲み方について、説明します。

ダナボルは、ダイアナボルと同じ成分のタンパク同化ステロイド(アナボリックステロイド)で、筋肉増強剤として使用されます。
ボディビルダーやキックボクサーなど、多くのスポーツマンが愛用しています。
ダナボル(DANABOL)の含有成分であるメタンジエノンは、蛋白同化作用のあるステロイドホルモン(蛋白同化ステロイド)です。
この蛋白同化ステロイドは、男性ホルモンよりも蛋白同化作用(=摂取蛋白質を筋肉に変える働き)を強化することを目的として、人工的に作られた男性ホルモン類似物質です。
新たに筋肉を作り出す作用があるとともに、筋肉組織への血流を良好にすることが出来るので、速やかに筋肉疲労を回復させ、筋肉の痛みに対する耐性も強くします。
また、ダナボルを摂取することで、トレーニングへの意欲が増して、通常のトレーニングよりも激しいメニューをこなせる様になり、普通では達成できない水準の筋肉成長が実現できる様になります。
また、筋肉増強剤以外の色々な用途にも使用されており、その蛋白同化作用を利用して、慢性腎疾患や骨粗鬆症の治療、もしくは火傷や怪我による体力消耗状態からの改善、等に用いられています。
実際に入手するには、ダナボルを通販で購入するのが便利です。

なお、ダナボル(やダイアナボル)の飲み方としては、ステロイドサイクルに配慮する必要があります。
継続してステロイドを飲み続けた場合、副作用が発生する危険があるからです。
ステロイドを飲んでいるアスリートは、通常、ステロイドサイクルと呼ばれている方法により、この問題に対処しています。
2週間から8週間くらい服用した後は、少なくとも同じ期間かそれより長い期間、服用を止めます。
8週間以上の連続服用をした場合、男性ホルモンの自然産生が長期間にわたって停止する、と言う危険があるからです。
また、男性ホルモンの自然産生が十分回復しないうちに、次のステロイドサイクルを始めるのも、ホルモンの産生レベルを更に抑制してしまうため、避けなければなりません。