Cytotam(ジェネリック医薬品)

筋肉増強剤・アナボリックステロイドについて

Cytotam(ジェネリック医薬品)

Cytotam(ジェネリック医薬品)について、説明します。

サイトタム(Cytotam)は、ノルバデックス(Nolvadex)のジェネリック医薬品で、エストロゲン受容体陽性や受容体不明の場合の乳癌の治療に使用される抗エストロゲン薬です。
ちなみに、ステロイドの長期使用の際の副作用を防ぐ効果もある様です。

乳癌は、日本人女性では、30人に1人が罹るとも言われています。
また、女性特有の疾病ではなく、男性でも発症することがあります。
乳癌の中で、エストロゲン(女性ホルモン)がエストロゲン受容体に結合することで、癌の増殖が促進される場合、エストロゲン受容体陽性乳癌と呼ばれており、乳癌患者のおよそ6割から7割を占めています。
エストロゲン受容体陽性乳癌は、ホルモンの影響を受けて癌が増殖するので、サイトタム(Cytotam)のようなホルモン療法剤による治療が効果的です。
サイトタム(ノルバデックスのジェネリック医薬品)の有効成分のクエン酸タモキシフェンは、抗エストロゲン剤として働きます。
クエン酸タモキシフェンは、エストロゲンよりも強くエストロゲン受容体に結合するため、エストロゲンとエストロゲン受容体の結合が阻害され、結果として、癌細胞の増殖が抑制できるのです。

サイトタム服用時の目安としては、症状によって適宜増減することになりますが、1日当り最大で、40mgまでとします。
なお、実際の服用に際しては、医師の指示に従って、適切な用法・用量を守る必要があります。
また、重要な注意点としては、服用によって、子宮癌、肺血栓、脳卒中を引き起こすリスクが挙げられます。
特に、乳癌発症の予防の目的で使用する場合は、その危険性と有益性について、予め、医師と十分に相談しておく必要があります。
また、サイトタムの成分に対する過敏症の既往歴がある場合、絶対に服用できませんので、十分注意しましょう。
ちなみに、服用に伴い、生理への影響がありますが、避妊薬としては使えません