アンドリオール(Andriol)について

筋肉増強剤・アナボリックステロイドについて

アンドリオール(Andriol)について

アンドリオール(Andriol)について、説明します。

アンドリオールは、男性不妊症(精子形成機能低下や男性性腺機能不全が原因の場合)の治療、末期の女性性器癌の疼痛の緩和、手術不能の乳癌の治療などに使用されます。
有効成分は、蛋白同化ホルモンの一種で男性ホルモンでもあるウンデカン酸テストステロンです。
また、従来のステロイドにあった、肝機能を損ねると言った欠点を解消したステロイドです。
なお、従来の薬のように、アロマ化やDHTの心配はなく、副作用も少ないと言われています。
ちなみに、治療目的以外では、筋肉増強やアスリートのパワーアップのために用いられる場合もありますが、予め、医師と良く相談した上で使用する必要があります。
また、アスリートの場合、ドーピングチェックなどへの注意も必要です。

では、アンドリオール(Andriol)の服用方法の目安について、説明します。
まず、男子性腺機能不全の場合は、1日当り20~50mgを服用します。
また、造精機能障害の男子不妊症の場合は、無精子症になるまで、1日当り50mg服用します。
そして、末期の女性性器癌の疼痛の緩和や手術不能の乳癌の治療の場合は、1日当り50~200mgを服用します。
いずれも、症状に応じて、服用量などを慎重に検討しなければならないので、実際の服用に際しては、医師の指示に従う必要があります。
なお、男性が服用する場合は、前立腺の検査を定期的に受ける必要があります。
また、女性が服用した場合、変声の可能性があります。

ところで、アンドリオールの副作用として、まず、女性の場合は、嗄声、多毛、色素沈着、ざ瘡、陰核肥大、月経異常、性欲亢進、などが起きることがあります。
また、男性の場合は、持続性勃起、陰茎肥大、特に大量継続服用時は、精巣萎縮、精液減少、精子減少、と言った副作用が現れることがあります。
また、アンドリオール服用者のおよそ5割から6割の人に、にきびが現れるといわれています。
従って、服用時は、にきび治療薬を併用した方が良いでしょう。